情報化社会の今、求められるSEOテクニック

インターネット利用者の増加は留まるところを知らず、今では小学校からインターネットを使ったカリキュラムが組まれるほど、パソコン・・引いてはインターネットを使った情報収集、交換の重要性を垣間見ることができます。インターネットを利用する人の多くは、自分が調べたいと思う情報の検索を目的としていると思いますが、この「誰でも簡単に情報を検索できる」システムであるインターネットを利用しない手はなく、これから先も消費者のニーズに応えるように情報提供が繰り返されることでしょう。

パソコンを持っている方の中で、未だにインターネットで情報を検索したことがない人はまずいない、いたとしてもほんのごく一部かと思われますが、情報を探す時に必ずと言っていいほど利用するものは何かご存知でしょうか?そう、サーチエンジンですね。サーチエンジンとは、誰もが知ってるyahooやgoogleを筆頭に、利用率は低いかもしれませんがmsnやinfoseekが提供しているサーチエンジンなどがあります。これらサーチエンジンは、専用のフォーム(検索窓)に調べたい事と関係のあるキーワードを入力することで、そのキーワードに一致するwebサイトを検索結果として自動で表示してくれるため、非常に便利。参考文献等を図書館や書店で調べるよりも早くかつ確実に知りたい情報を知ることができます。

常に利用する側だとなかなか気づきませんが、サーチエンジンによって表示された多くのサイトのうち、利用されるサイトがどういったものかについて意識したことはありますか?かく言う私も、今回SEOに関係したサイトを作るまで一切意識しておりませんでした。サーチエンジンが表示するサイトのうち、自分が調べたい情報が載っているサイトは数多くあれど、その中で自らサイトのURLをクリックするのはおそらく検索で表示される1ページ〜2ペーの範囲のサイトのみ。オプション設定によって1ページ中に表示される検索サイト数を決めることができますが、だいたい1ページあたり20〜30サイトと見ても、おそらくこの約30サイトを虱潰しに探す方はほとんどいません。

これは、検索をかけるほとんどのユーザーの気質が「せっかち」であることがひとつの要因であると考えられます。上位数件のサイトを覗いて、これらに目当ての情報がなければ別のキーワードで再度検索をかける方が多く、ゆっくりと全てのサイトを覗くよりも別のアプローチで情報の絞込みをかけるほうが効率的だと考える方が多いのでしょう。

ここでひとつの結論。【上位表示されないサイトは見向きもされない!】を頭に入れて、ではどうすれば上位表示に持っていくことができ、かつネットユーザーにアクセスしてもらえるようなサイトにできるのかを考えてみましょう。サーチエンジンで「アクセスアップ 秘訣」といったキーワードで検索を掛けてみるのもいいかもしれません。そして、アクセスアップに繋がる技術を調べれば必ず辿りつくであろう「SEO」「サーチエンジン最適化」という言葉を知ることになるでしょう。当サイトは、webサイトがユーザーの目に付くように、より多くのアクセス数を得るためのノウハウ・テクニックとしてサーチエンジン最適化、SEOについてご紹介します。今現在、運営しているサイトが思うようにアクセス数が伸びないとお考えの方や、今よりももっと検索上位に表示させたいとお考えの方に少しでもお役に立てれば幸いです。